食べる

台湾のハニートースト店が香港に上陸-待ち時間は2時間

巨大な15センチのハニートーストはテーブルに運んだ後、店員が切ってくれる

巨大な15センチのハニートーストはテーブルに運んだ後、店員が切ってくれる

  • 0

  •  

 台湾に7店舗と上海に2店舗を手掛ける台湾発ハニートースト専門店「Dazzling Cafe」が6月18日、香港1号店(Shop 22, L3, The ONE, 100 Nathan Road, Tsim Sha Tsui )をオープンした。

平均2時間の待ち時間が必要だが、整理券が配られるので店から離れることもできる。

 「ゆったりとした空間で極上デザートを楽しめる」と噂になり、甘いもの好きの女性だけではなく、ビジネス用としても使われ、2010年に台湾でオープンして以来人気が続いている。香港店は台湾と同様に開店2時間前から行列ができ、平均待ち時間も2時間に及ぶ。

[広告]

 店ごとのテーマカラーを決める同店は、香港では海を思わせるオーシャンブルーを基調とし、「Hong Kong Ocean」と命名。もともとスイーツではなく、アクセサリーブランドとして発祥した「Dazzling」ブランドの原点を物語るように、ダイヤモンドリングをあしらったドアの取っ手やウサギの耳の形をした椅子など、店内に可愛らしさと優雅さを漂わせる。フリルの着いたエプロン姿の店員が台湾なまりの中国語で接客するため、まるで、台湾にいるような雰囲気を味わうことができる。

 メーンメニューのハニートーストは全部で9種類。看板メニューはクラシカルDazzlingハニートースト「經典Dazzling 蜜糖吐司」(85香港ドル)。15センチの厚さがあるトーストの中には、自家製のカスタードクリームをたっぷり絡めたミニスライストースト、上にはバニラアイスとイチゴを飾り付ける。

 同店独自の型で焼き上げられたしずく形のワッフルは、チョコレート、バニラ、イチゴの3種類があり、いずれも自家製の蜂蜜ソースをかける。ワッフルはハニートーストと同様、レギュラーとクリスピー2種の食感からお好みを選べる。

 ドリンクメニューのお薦めは、新鮮なモモやリンゴなど旬の果物で作られた特製アイスティー「特調冰茶」(38香港ドル)。さっぱりとした口当たりが、濃厚なクリーム系デザートとよく合うと両方注文する人も多い。デザート以外にも8種類のパスタも提供。黒チョコにコーヒーの味をアクセントにしたソースで仕上げたスパイシーモカパスタ「辣味摩●義大利麺」(82香港ドル)は、香港店限定の新メニューという。

 7月末までをトライアル期間とし、月曜~木曜=12時~17時(金曜~日曜=~20時)。滞在時間は2時間に制限されている。正式運営が始まり次第、予約も受ける予定。

 ●は峠のつくり。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース