食べる

香港に「フーターズ」が上陸 ファミリー層もターゲットに

香港のスターティングメンバ―

香港のスターティングメンバ―

  •  
  •  

 アメリカを中心に、28カ国で430店舗以上展開しているダイニング&スポーツバー「HOOTERS(フーターズ)」が8月17日、セントラル蘭桂坊 (G/F, Yu Yuet Lai Building, 43-55 Wyndham Street, Lan Kwai Fong, Central TEL 852 2399-7773)にオープンした。香港の運営は、タイを拠点にリゾートホテルなどを展開すし、すでにタイで4店舗を展開するDestination Resorts社。

基本的なメニューは世界共通

 通路を広めに取った店内には、110席を用意。グランドフロアはカウンター席がメインでフーターズガールがパーフォマンスする。テレビを23台備え、サッカー観戦などにも使いやすいようにした。上層階は6人掛けと4人掛けのテーブルをメインに、平日は仕事帰りのサラリーマン、休日はファミリー層も狙うという。

[広告]

 香港では10人のフーターズガールを採用し、タイで3週間の研修も行った。学生やモデルの卵も多く、「最初はシャイで自信を持って人前でパーフォマンスするのが苦手な子もいたが、研修をえて自信を持つようになり輝きが増したのを見て大変うれしい」とゼネラルマネジャーのマイクさん。「日本の出店はフランチャイズ権を獲得してから2年、出店までに5年を費やした一方、香港の準備期間は3カ月」という。フィリピンから配属されたトレーナーのジェシカさんは「フィリピンでは給料が良い職のため、働きながら自分で学費を払い卒業した」と話すが、香港の給料は月1万5,000香港ドルほどに設定されているという。1回3分~5分のパフォーマンスが45分に1回繰り広げられる。

 メニューは日本と同様にすべてアメリカ本場のレシピに合わせて作る。看板メニューの手羽先「ボンレス・ウィング」は、5ピース=78香港ドル、10ピース=138香港ドル、20ピース=268香港ドル、50ピース=538香港ドルで、ソースはBBQ、テリヤキ、レモンペッパーラァブ、ケイジャン、デイトナビーチなど全13種類。パルメザンガーリックやタイスイートチリなど日本にはないソースもそろえた。ほかにも、バファロー・シュリンプ「Original Buffalo Shrimp」(12ピース=170香港ドル、24ピース=330香港ドル)、タコ・サラダ「Taco Salad」(178香港ドル)、ステーキ「220g Angus ribeye ,pepper or mushroom sause」など豊富にそろえた。

 営業時間は11時~翌2時。現在アルコールライセンス申請中。

  • はてなブックマークに追加

食べる