香港発手作りせっけんブランド「Bathe to Basics」人気に

パッケージもナチュラルを意識してシンプルに

パッケージもナチュラルを意識してシンプルに

  • 0

  •  

 「入浴の原点に戻る」がコンセプトの香港発手作りせっけんブランド「Bathe to Basics」が人気を集めている。

 保存料や防腐剤などの合成添加物を一切使わず、香り付けも厳選したエッセンシャルオイルだけという作り手のこだわりが特徴の同ブランド。

[広告]

 せっけんは、オリーブオイルやココナツオイル、パームオイル、そしてアボカドオイルなどの原材料を40~50℃まで加熱し、約2カ月かけてゆっくりと固めていくコールドプロセス製法で作っている。「手間暇かけて作るため大量生産できず、パートナーと二人三脚で作っていても、1回に20~30個しか作られない」と創立者の一人でクリエーティブディレクターのエドワードさん。できたせっけんには肌になじむオイルが含まれ、「使用後に肌がつっぱることなく、しっとりした洗い上がりになる」という。

 ベーシックシリーズのほか、旧正月の時期にはめでたい意味を持つザボンの皮を使った「碌柚葉肥皂」をはじめ、これから花が咲き始める春にはほのかなローズの香りを持つ「?瑰肥皂」など、季節や時期に合わせた限定商品を展開している。「ショウガは妊婦にいいので『ショウガせっけん』を作ってみようとチャレンジしたら大ヒットした」という。

購入方法などはホームページで確認できる。