経済自由度指数、香港が20年連続世界1位を記録-迫るシンガポールを抑え

シンガポールとの差が縮まったものの、20年連続1位の座を守った香港

シンガポールとの差が縮まったものの、20年連続1位の座を守った香港

  • 0

  •  

 アメリカのシンクタンク「ヘリテージ財団」と「ウォールストリート・ジャーナル」が1月14日に発表した「2014年経済自由度指数(Index of Economic Freedom)」で、香港が20年連続で世界一となった。2位以下はシンガポール、オーストラリア、スイス、ニュージーランドと続く。

 1995年から始められた同調査は世界178の国と地域をカバーし、10項目のスコアで「経済自由度」を算出する。指数は100点満点で採点方法を採用し、世界平均は60.3点と発表された。

[広告]

 香港の結果は以下の通り。ビジネスの自由度(Business Freedom)=98.9点、貿易の自由度(Trade Freedom)=90.0点、財政の自由度(Fiscal freedom)=93.0点、政府支出(Government Spending)=89.7点、通貨の自由度(Monetary Freedom)=82.0点、投資の自由度(Investment Freedom)==90.0点 、金融の自由度(Financial Freedom)=90.0点 、財産権の確保(Property Rights)=90.0点、汚職の少なさ(Freedom from Corruption)=82.3点、労働の自由度(Labor Freedom)=95.5 点。総得点としては90.1点で、迫るシンガポールを抑え世界1位を維持した。この得点は過去20年で2番目の高さ。

 日本は25位(前回24位)を記録し、点数は72.4点。項目ごとに比較をすると、ビジネスの自由度(Business Freedom)=80.0点、貿易の自由度(Trade Freedom)=82.4点、財政の自由度(Fiscal freedom)=69.2点、政府支出(Government Spending)=47.1点、通貨の自由度(Monetary Freedom)=87.5点、投資の自由度(Investment Freedom)=70.0点、金融の自由度(Financial Freedom)=50.0点、財産権の確保(Property Rights)=80.0点、汚職の少なさ(Freedom from Corruption)=77.8点、労働の自由度(Labor Freedom)=79.8点と発表された。

 トップ5のうち4つをアジア太平洋地域が独占したことで、同地域は最も成長をした地域として発表された。しかし一方で、インドの120位、中国の137位など多くの「自由のない」国家もあることが付け加えられている。