食べる 見る・遊ぶ 買う

香港でクラシックカーとバイクの野外展示会-家族で楽しめる内容に

香港セントラルのビル群を背にクラシックカーが並ぶ

香港セントラルのビル群を背にクラシックカーが並ぶ

  •  
  •  

 香港のニューセントラルハーバーフロント(9 Lung Wo Road, Central)で11月15日、16日の2日間にわたりクラシックカーとバイクの展示会「Classic Car and Vintage Festival」が開催される。香港では初の開催。

クラシックカー好きの人は自分の車を運転し会場へ

 メーンの車とバイクは100台以上をディスプレーする。代表的なものは、1954年に初のマカオグランプリで優勝し、エディ・カルヴァーリョ(Eddie Carvalho)によって手掛けられた1962年製造のレーシングカー「Edsbrat」をはじめ、1950年~60年代の香港タクシーとしても活躍した車と同じモデルの「オースチンA55ケンブリッジ」、1963年モデルの「ポルシェ 356Bカレラ2」、1994年モデルの「ポルシェスピードスター」など。車の前で自由に写真撮影もできる。

[広告]

 香港在住のクラシックカーファンを集めるため、自分の車やバイクで来場すれば、入場料が無料になるなどの施策も。(要事前申し込み)。車やバイクに関するワークショップやトークショーなども開催予定で、エンジン音なども会場で聞くことができる。

 ドライブインシアターをイメージした野外大型スクリーンも用意され、両日とも18時~22時に特別上映。『ミニミニ大作戦』(原題:The Italian Job)、『アーティスト』(原題: The Artist)(18日)、. 『ダイアナ・ヴリーランド 伝説の ファッショニスタ』. (原題:The Eye’s have to Travel )(19日)の上映を予定し、芝生の上に座りながらおつまみとドリンクで楽しむことができる。

 そのほか会場では生バンド演奏や、スイング・ダンス講座などさまざまなプログラムを予定し、香港ヘリサービス社により、香港上空を500香港ドル(1人)で周遊するプログラムも用意した。また今回のイベントは「家族で楽しめること」を強調し、キッズエリアでは卵とスプーンゲーム、ペダルカーの貸し出しやフェイスペインティングなど子どもも楽しめるプログラムを無料で提供する。(同ゾーンは~18時)。

 来場者がヴィンテージスタイルの衣装を身にまとえば、11時~18時に限り、ビューティー&グルーミングゾーンでプロによるスタイリングやメーキャップを無料で施してもらうことができる。男性は伝統的なひげそり「ウエットシェービング」が体験できるなど非日常を体験できる。衣装は会場内のヴィンテージマーケットで購入やレンタルも可能。

 チケットは大人1人=280香港ドル(1日)、400香港ドル(2日)など。4~17歳は100香港ドル(1日)、150香港ドル(2日)など。そのほか、大人2人と子ども2人で使用可能なファミリーパッケージ=600香港ドル(1日)、1000香港ドル(2日)なども用意する。VIPチケットは3000香港ドル(1日)~。チケットはTicketflapで販売する。

 開催時間は11時~22時。

  • はてなブックマークに追加