見る・遊ぶ

香港で奈良美智さん初個展「STARS」-視覚と感覚体験に注力

広々としたスペースを使い、奈良さんの作品を展示

広々としたスペースを使い、奈良さんの作品を展示

  •  
  •  

 香港・中環にあるPace Gallery(ペース・ギャラリー)(15C Entertainment Bldg, 30 Queens Rd Central, Hong Kong)で現在、奈良美智さんの個展「STARS」を開催している。

段ボール上に書かれた作品のひとつ

 有名ギャラリーが相次ぎ香港に進出する中、 昨年香港にオープンしたニューヨーク屈指の同ギャラリー。今回の個展では、星をモチーフにした新シリーズの作品を含め、ペインティングやドローイングなど、作品全10点を展示する。

[広告]

 奈良さんの香港初個展となる同展は、2011年に奈良さんがペース・ギャラリーに所属して以来、ニューヨークペース・ギャラリーで開いてきた個展に次ぎ行われるもので、「星」をテーマにした作品を中心に構成している。

 奈良さんは子どもの目線に立ち、星への思いや考えを絵画に投影させる。星にまつわる名前をつけた6点の作品を前に、奈良さんは「星は僕にとって惑星という意味もあるけれど、自分の中ではキラキラとして消えていく、はかないイメージのほうが強い。学生時代に描いた絵にもよく出てくるから、もともと自分の中にあったモチーフとも言える」と話す。

 同展では、ドローイングやペインティングをはじめ、ウッドボードにアクリル絵の具を塗った粗いジュートをパッチワークで仕上げた作品なども展示される。「これらの作品は、自分の中ではかなり実験的なもの。キャンバスペインティングのように輪郭を強調し、見た瞬間にはっきり伝わるようなものではなく、視覚的に徐々に伝わってくるものにしたかったため、パッチワークを採用した。生地には通常より厚めのガサガサしたジュートを使うことで、 ペインティングがもたらすビジュアル的な強さが中和され、覚だけではなく感覚的な体験も提供できれば」と奈良さん。

 また7月26日まで、金鐘のアジア・ソサエティ(9 Justice Drive, Admiralty, Hong Kong)でも、同様の個展「LIFE IF ONLY ONE」を開催している。同展は奈良さんが過去20年間に手掛けた絵画、ドローイング、彫刻、インスタレーションなどを展示す回顧展で、奈良さんの創り上げる世界を楽しむことができる。

 ペースギャラリーの開館時間は11時~19時。入館無料。4月25日まで。アジア・ソサイエティで開かれている「LIFE IS ONLY ONE」の開催時間は11時~18時(毎月最終木曜日は~20時)。月曜休館。入場無料。

  • はてなブックマークに追加

食べる