食べる

香港の住宅街・黄埔に焼き肉店「かくら」 リーズナブルな価格でファミリー層も狙う

香港で焼き肉をリーズナブルな価格で提供

香港で焼き肉をリーズナブルな価格で提供

  • 55

  •  

 佐賀の焼き肉店「焼肉かくら」(ShopNo.G1-G3,Suit11Treasure World, Whampoa Garden, Humg Hom, Kowloon TEL 2816 2916)が12月13日、九龍島の住宅街の一つである黄埔の聚寶坊にオープンした。同店は佐賀で3店舗を展開するほか、昨年マカオにも進出し、日本と同じような価格帯で提供し、ファミリー層も狙う。

それぞれの席が半個室のように区切られている

 路面店で道路沿いからもよく見える同店は、2人掛け・4人掛けのテーブルを中心に100席を用意。丸テーブルも4卓置き、「何も言わなければ日本にいるかのような感覚をもてるようにした」という。席間隔も広く取り、音楽も日本のポップスを流し、メニューも日本語に繁体字を小さめに添えるなど日本らしさを追求する。

[広告]

 「香港にはおいしい焼き肉店はいくつもあるが、日本と同じような価格帯で利用しやすいところが少ない。当店は日本で焼き肉店に行くのと同じような気軽さで利用してほしい」とダイレクターの末永陽一さん。

 グループで利用しやすいよう盛り合わせを用意。盛り合わせメニュー「響」(998香港ドル)は3~4人前のセットメニューで、タン塩、和牛ロース、赤身、ハラミ、豚カルビ、とりもも、せせり、ホルモンなどをセットにした。同価格の2人用セット「雅」は黒毛和牛の盛り合わせ。2人用の盛り合わせも「宴」(498香港ドル)、「椿」(698香港ドル)など内容の異なるものを用意した。

 和牛は鹿児島県産黒毛和牛を中心に九州の和牛を扱うが、見た目もインパクトがある「大判!一枚サーロイン」(178香港ドル)やウニをのせた「黒毛和牛炙(あぶ)りずし」(98香港ドル)など香港らしいメニューも用意した。ユッケ(128香港ドル)も用意する。

 単品は、「黒毛和牛カルビ」(148香港ドル)や「黒毛和牛ロース」(198香港ドル)をはじめ、「特上ハラミ」「ミスジ」(以上98香港ドル)など。希少部位も、「柔らかくて脂分も少なく、しつこくない」という「カイノミ」(248香港ドル)も120グラムの塊をカットして提供するほか、同店が「内ハラミ」と呼ぶ、バラについているハラミと似た食感の部位も用意。

 ランチメニューは牛めし(98香港ドル)やしょうが焼き(98香港ドル)、豚カツカレー(118香港ドル)などのメニューも用意したが、メインは焼き肉のセットランチ。ハラミ、豚カルビ、鶏ももがセットにした「KAKURAランチ」(128香港ドル)、「ミスジ&カルビランチ」(188香港ドル)などリーズナブルなものも用意。実際は「黒毛和牛ランチ」(368香港ドル)や「黒毛和牛大判焼き!ランチ」(258香港ドル)の注文客が多いという。

 米は佐賀県産の「さがびより」を45分かけて釜炊きするが、熊本の阿蘇白川水源の天然水を香港に持ち込み、「艶感のある」米に炊き上げて提供する(大=30香港ドル、小=20香港ドル)。ご飯に温泉卵をのせ、佐賀のノリに韓国ノリを混ぜて2つの食感を楽しむ「佐賀のりご飯」(48香港ドル)も用意した。

 キムチも佐賀でリンゴなど地元での食材も合わせてベースを作り、香港で最終的な味付けをした自家製のもので、日本のキムチらしい甘みもあるのが特徴。日本酒も佐賀県産のみを扱い、佐賀を代表する「鍋島」や「東一」に銘柄を絞った。ワインのボトルは180香港ドル~680香港ドルのリーズナブルな価格に抑え、ビールもサントリーのプレミアムモルツを48香港ドルに設定した。

 営業時間は11時30分~23時。現在は新型コロナ肺炎措置に準じて営業している。