3密を避けて新しい生活様式へ!

香港地下鉄MTR南港島(東区間)線オーシャンパーク駅で上棟式

オーシャンパークと駅が歩道橋で結ばれる駅周辺の完成予想図

オーシャンパークと駅が歩道橋で結ばれる駅周辺の完成予想図

  • 0

  •  

 各路線の開発が進む香港地下鉄MTRは12月9日、オーシャンパーク駅の上棟式を行い、南港島(東区間)線(South Island Line (East))開通によりアドミラルティ(金鐘)駅からオーシャンパーク(海洋公園)駅が4分で結ばれることを発表した。

オーシャンパーク駅外観の完成予想

 上棟式に出席したMTRのジェイ・ワルダーCEOは「同線の開通により香港の中心部からオーシャンパークまで4分で行けることになる」と語り、「香港のツーリズム産業に貢献するだけでなく、香港市民にとってもより気軽に行けるようになる」と、その意義を説明した。

[広告]

 式に出席した香港旅遊発展局のフィリップ・ヤン理事は「今日の式典は単に南港島(東区間)線のマイルストーンを示すという意義だけでなく、南区、そして香港全体として大きな影響をもたらすものと考えている。2015年のオーシャンパーク駅の開業によって、ますますテーマパークへの交通手段に期待がかかるようになるだろう」と期待を寄せた。

 同線開通により、現在は主にバスを利用しての香港島中心地から同園への所要時間が約25分から4分へと短縮されることになる。オーシャンパーク駅は園内の北部分に設置する予定で、歩道橋を使って園内のプラザにダイレクトで行くことができるようになるという。

 MTRは2011年5月に同線建設に着手し、現在工事の約50%が終了したところ。アドミラルティ駅からサウスホライズン(海怡半島)駅までの7キロを結び、途中オーシャンパーク(海洋公園)駅、ウォンチョクハン(黄竹坑)駅、レイトン(利東)駅の全5駅をピーク時は約3分間隔で運行する。

 開通は2年後の2015年を予定。

Stay at Home