香港経済新聞、下半期PV1位は香港で和食がミシュラン快挙の記事

ミシュランインターナショナルのマイケル・エリス(Michael Ellis)ダイレクターの横(左)に並び最高峰の舞台に立ったことを喜ぶ吉武正博さん

ミシュランインターナショナルのマイケル・エリス(Michael Ellis)ダイレクターの横(左)に並び最高峰の舞台に立ったことを喜ぶ吉武正博さん

  • 0

  •  

 今年4月にスタートを切った香港経済新聞2013年下半期PV(ページビュー)ランキング1位は、日本のすし店が初めて香港で3つ星を獲得した「ミシュランガイド香港・マカオ版2014発表-香港飲食業界初の和食3つ星も」の記事だった。ランキングは、今年4月1日から12月19日までに配信したヘッドラインニュースのPVを集計したもの。

 香港・中環にカウンター席ですしを振る舞う「すし志魂(Sushi Shikon)」が3つ星を取ったニュースはあらためて香港での日本食文化の浸透度を裏付けるものとなった。海外進出初拠点となることが多い香港で、リモワが節目の年にオリジナル商品を出したニュース「リモワ、『香港柄』スーツケース発売-海外拠点設立10周年で限定888台」(2位)、香港の多くの消費者に受け入れられやすい価格帯で勝負をかけたかつ屋1周年のニュース「カツ丼『かつや』香港進出1周年-低価格で市民の心つかむ」(3位)と高級なものから庶民派のものまでさまざまな魅力が詰まった香港を象徴するかのごとく、ランキングもバラエティー豊かなものとなった。

[広告]

 上位10位のランキングは以下の通り(カッコ内は掲載日)。

1. ミシュランガイド香港・マカオ版2014発表-香港飲食業界初の和食3つ星も(12/6)
2. リモワ、「香港柄」スーツケース発売-海外拠点設立10周年で限定888台(11/18)
3. カツ丼「かつや」香港進出1周年-低価格で市民の心つかむ(11/28)
4. 香港にしょうゆ豚骨の横浜家系ラーメン-銅鑼湾に「松壱家」(12/13)
5. 香港で使える旅行者向けプリペイドSIMカード発売-香港政観が企画(9/25)
6. 香港・ホテルアイコンに「アフタヌーンティー」登場-点心と洋菓子セットで(11/29)
7. 香港地下鉄MTR南港島(東区間)線オーシャンパーク駅で上棟式(12/10)
8. 香港エクスプレスが大阪路線増便-週11往復22便で香港~関西を結ぶ(11/27)
9. 香港ファッション市場に日本人によるセレクトショップ-日韓ブランドで展開(12/4)
10. 世界に一つだけのカップヌードル-日清食品が香港でイベント(11/23)

 7位と17位は香港地下鉄の工事に関するニュースがランクイン。多くの読者が変わりゆく香港に積極的に興味をもっていることが分かり、8位と20位に香港をベースとする格安航空が日本に就航・増便するニュースが入ったことを見ても、多くの人が香港、日本双方の関係性に興味をもっていることがうかがえる。

 日々にぎやかなイベントが繰り広げられ、日本を含む諸外国からのサービス業進出が収まるところを知らない状況下、今後も香港ならではのインターナショナルさを生かした幅広いニュースを取材していく。2014年も、きらびやかな香港と知る人ぞ知るローカルな香港情報を「街の記録係」として配信していきたい。