見る・遊ぶ

香港で国際アートカーニバル開幕-オープニングはクロアチア民族音楽舞踏団「ラド」

自然や神への感謝、悲喜交々の恋物語など万人共通のテーマをカラフルな民族衣装と豊かな音楽で披露する「ラド」

自然や神への感謝、悲喜交々の恋物語など万人共通のテーマをカラフルな民族衣装と豊かな音楽で披露する「ラド」

  • 0

  •  

 香港で国際アートカーニバル(国際綜藝合家歡)が7月11日にスタートし、香港文化センター(香港文化中心)内グランドシアター(10 Salisbury Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon)でクロアチア国立民族音楽舞踊団 「ラド(LADO)」がオープニング公演を行う。

鮮やかな衣装を身に纏い、クロアチア音楽を奏でる

 「ラド」はクロアチアの首都ザグレブで1949年に設立された民族音楽舞踊団。「踊る博物館」とも呼ばれる同舞踏団は、赤・黒・白をベースに市松模様をほうふつとさせる柄をモチーフにしたカラフルな民族衣装を身にまとい、エネルギーあふれるダンスと歌を繰り広げるのが特徴。タンブリッツアやマンドリン、バイオリンなどの弦楽器、シンバルなどの打弦楽器、多種多様な笛やバグパイプ類の管楽器など、さまざまな民族楽器が明るく柔和な音でステージを演出。大人数、少人数、2人構成など、曲ごとにフォーメーションを組み、陽気な音楽を披露する120分のプログラムを用意した。

[広告]

 踊りが身近にあるクロアチアでは、かつてオーストリア=ハンガリー帝国が栄えていた時代から貴族が村民を集め宮殿で踊らせたという記録があるといい、身分や国籍に関係なく誰もが楽しめるものとして伝承されているという。トップミュージシャンとダンサーによるパフォーマンスは、変わりゆく季節を捉え、言葉の壁を越えて楽しめる内容に仕上がっているという。

 国際アートカーニバルは香港康楽及文化事務署(LCSD)主催で、同公演のほか、約1カ月半にわたり子どもから大人までが楽しめる410のプログラムを展開。中国本土、オーストラリア、フランス、ポルトガル、チェコ共和国などさまざまな国のドラマ、暗闇の中の光と影のコントラストの特殊効果の中で音楽とダンスを披露するブラックライト劇場、アカペラコンサート、赤ちゃんと幼児のためのテーラーメード音楽劇場など幅広いプログラムのほか、ワークショップなども開催する。

 オープニングプログラム「ラド」の公演時間は7月11日=19時30分~、12日=15時~、19時30分~、13日=15時~。料金は380香港ドル、300香港ドル、220香港ドル、160香港ドルの4種類。チケットはURBTIX各店、URBTIXウェブサイトで販売する。