学ぶ・知る

香港でiPhone 6販売開始-各地で転売業者が札束を握りしめる光景も

アップルストアで新商品を品定めする人たち

アップルストアで新商品を品定めする人たち

  • 0

  •  

 世界各地でiPhone6が発売された9月19日、香港でもアップルストアをはじめ、各キャリアや電気店などで販売がスタートした。

先達広場で転売市場に人だかり

 香港では正規販売各店とも事前予約制を取り、アップルは9月16日、電気店「フォートレス」では6月30日に販売予約を実施するなど、大きな混乱を避ける対策が採られたが、どの店にも行列ができた。同時にiphone6の16G定価5,588香港ドル(約7万8,500円)、iphone6Plusの16G定価6,388香港ドル(8万9,725円)を大きく上回る価格で転売市場も活気づいた。

[広告]

 中環のifcモール内にあるアップルストアでは警備員が見守る中、2時間前倒しの8時からと公表していた開店時間をさらに前倒しして7時30分に開店。客を10人ずつ入店させ、毎回大きな歓声と拍手で迎えた。

 iPhone6のゴールドを手に入れたアンブローズさんは「今週の火曜日朝8時の予約開始とともにウエブサイトにアクセスし、8時2分頃購入画面に進むことができた。もう1台買おうとしたら8時5分には完売してしまった」と話す。同じくiPhone6を手に入れたヒンセントさんは「購入予約ができたのは友達の中で僕だけ」と笑みを浮かべる。

 入り口付近でアップル製品工場の劣悪な労働環境に反対するデモ隊が占拠するなか、ショップ付近で1000ドル束を握りしめ転売を始める人の姿も。

 販売前から買い取り価格が提示されていてたことで話題となった携帯電話販売店が密集する旺角のビル「先達広場」は、通常正午に開店のところ2時間前倒しの10時に開店。各店とも人が溢れ、買い取り価格はiPhone6の16Gが9000~9800香港ドル、16GPlusの16Gが1万2,000~1万2,500香港ドル。一番人気の16GPlusのゴールドは1万9,000~1万9,800香港ドルで買い取られていった。

 開封と未開封の買い取り価格差は200香港ドル程度。販売価格は店頭では16Gが1万香港ドル程度、Plusの16Gが2万2,000香港ドル程度の店が多く、その一部はまだ正式に発売が発表されていない中国本土の業者に流れていくと予想されている。