見る・遊ぶ

香港セブンズはフィジーが連覇 日本、来シーズンのコアチーム入り決定

優勝を喜ぶフィジーの選手とサポート陣

優勝を喜ぶフィジーの選手とサポート陣

  • 0

  •  

 男子7人制ラグビー「HSBC セブンズ ワールドシリーズ 2015-2016」の第7戦「香港セブンズ(香港國際七人欖球賽)」が4月8日~10日、香港スタジアムで行われた。最終日は時折雨が降る天候も関わらず大勢の観客が詰め掛けた。
 ドバイ、オーストラリア、ラスベガスなど世界10カ国・地域を転戦して総合チャンピオンを競うワールドシリーズの中で、第7戦に当たる香港セブンズ。コアチーム15カ国と招待チーム1チームの計16チームで開催される。

セブンズは毎年コスプレ大会のよう

 これまで、フィジー=2勝(106点)、南アフリカ=1勝(105点)、ニュージーランド=3勝(104点)と点差が拮抗(きっこう)。南アは優勝こそ少ないが、準優勝、3位になった回数が多く、優勝数が多いニュージーランドをポイントで上回った。

[広告]

 コアチームの頂点を目指す戦いの「カップ戦」決勝のカードは、昨年と同じくフィジー対ニュージーランドというセブンズ大会の「黄金カード」となった。昨年はフィジーが完勝。ニュージーランドは準決勝の南アフリカ戦で延長終了直前に勝利を決めたためフィジーより約10分長く戦ったことになり、大きなハンディになると思われた。

 しかし前半は7対7と同点で折り返し、ニュージーランドが踏ん張りを見せる。均衡を破ったのは後半4分。フィジーのタリガ選手は右外側にいる味方にパスをする気配を見せながら、敵の逆をついて内側に切れ込みトライ。ニュージーランドも粘るが、フィジーは試合終了直前にもトライを決めて21対7で勝利を収めた。

 来シーズンのコアチーム昇格のための昇格決定大会も行われた。参加した日本は、無失点の5戦全勝で決勝に駒を進め、地元香港と対戦。先制のトライを決めた後、再びトライを決めて12対0とリードするが、前半終了直前にトライを決められて初失点。後半にもトライを決められ12対14とリードされるが、後半4分に再逆転のトライ、後半9分にダメ押しのトライを決め、24対14で試合を決めた。

 日本チームの瀬川智広ヘッドコーチは「ホッとした。落ち着いて戦えば勝てると選手たちも自信を持っていたと思う。次のシンガポール大会でも勝ちに行く」と力強く答えた。