天気予報

32

28

みん経トピックス

香港大生と東大生が交流香港にヘミングウェーのバー

香港台風直撃で、5年ぶりのシグナル10発令 高潮の影響で水槽から魚逃げ出す

香港台風直撃で、5年ぶりのシグナル10発令 高潮の影響で水槽から魚逃げ出す

沙田の至るところでトンネルは水に浸かった

写真を拡大 地図を拡大

 日本の気象庁に当たる香港天文台(Hong Kong Observatory)は8月23日、大型台風「天鴿」(Hato、日本では台風13号)で2012年以来5年ぶりのシグナル10を発令した。香港では1人が死亡、84人が負傷し、台風による被害総額は最大で80億香港ドルに上ると見られている。香港では台風警報には、シグナル1、シグナル3、学校、商店、オフィスなどがクローズとなるほか、証券取引所などもクローズとなり、公共交通機関も一部ストップするシグナル8、シグナル9、シグナル10と5段階の警報がある。

ビクトリアパークでは多くの木がなぎ倒される

 シグナル10は1946年以降の観測史上、通算15度目で、最近では2012年の韋森特(Vicente)以来の発令となった。天鴿は986.3ヘクトパスカルと大型台風で、天文台の区別上で言えば超大型台風ではない。しかし、香港に最接近した距離がわずか香港の西南60キロだったことで、?魚涌(Quarry Bay)と北角(North Point)の最高潮位は最高で3.57メートルに達し、観測史上2位の高さとなった。

 8月20日15時にフィリピンの東で発生した天鴿は進路を西に取り、台湾とフィリピンの間を通過して香港に接近し、天文台は8月22日にシグナル1を発令した。同日18時20分に3に引き上げ、翌3時20分には5時半以前にシグナル8を発令する見込みと発表。この時点で教育局(Education Bureau)は当日の学校の休校を決めた。そして早朝5時の時点での台風は、北東の風、平均風速は時速63キロ以上、香港の東南180キロにあり、時速25キロで移動、天文台は5時20分に8号に引き上げた。この時点で、サラリーマンなどの一般労働者の多くはシグナル8が解除されるまで自宅待機となった。台風は接近を続け、8時10分にシグナル9に、1時間後の9時10分に10号を発令した。待機が解除されるシグナル3に戻ったのは17時10分、20時40分にはシグナルが解除された。

 被害は、恒生銀行(Hang Seng Bank)の中環(Central)にある本店の窓ガラスが道路に落下したほか、紅●(Hung Hom)にある38階建て高級マンション「昇御門」で清掃用ゴンドラが宙づりの状態で強風にあおられ4世帯の窓を破壊。彌敦道(Nathan Road)沿いの木などを含む少なくとも692本の木が倒れたと見られる。香港島東武の杏花邨(Heng Fa Chuen)では、高潮と強風で海水が地下駐車場に入り数十台の自動車が水没した。西貢(Sai Kung)と並ぶ海鮮料理の街として有名な鯉魚門(Lei Yue Mun)では水槽の高さにまで水が達し、一部の魚が逃げ出す事態も発生。交通機関も約480便の飛行機が欠航したほか、運航を見合わせたフェリーが続出。地下鉄も一部の区間で運行を停止したり、間引き運転を行ったりした。

 この台風で、フェイスブックなどのソーシャルメディアでは、安否確認のページや「活物資サポートのお願い」の呼び掛け、食糧物資を供給をしているなどのページが立ち上がるなどし、災害対策への考えが甘いとされる香港でも素早い動きも見られた。

 天鴿は香港・マカオ近くを通過後、中国大陸に上陸。その後、急速に勢いが衰え熱帯低気圧になった。今回の台風では、下水システムのインフラが香港より整備されていないマカオではより深刻な被害が報告されている。

●魚涌=魚へんに則

紅●=石へんに勘

グローバルフォトニュース