天気予報

26

19

みん経トピックス

香港大学駅近くにつけ麺店香港に日本の作家来港へ

日本秋祭開幕式を前にハイライト紹介 日本からAIさんも登場

日本秋祭開幕式を前にハイライト紹介 日本からAIさんも登場

香港での日本秋祭を前に在香港日本国総領事館が記者会見。日本からAIさんも登場し、松田大使、ランカイフォンのアランジーマン主席と焼酎で乾杯

写真を拡大 地図を拡大

 在香港日本国総領事館は9月27日、ランカイフォン(蘭桂坊)のカルフォルニアタワーで「日本秋祭 in 香港」の記者会見を開いた。昨年に引き続き、10 月~11 月を中心に、今年も日本の文化団体、学校、企業および地方自治体、香港および第三国・地域の企業、団体などと協力して「日本秋祭 in 香港-魅力再発見-」を繰り広げる。

 「日本秋祭 in 香港」は,公演・芸術、映画、飲食、スポーツなど領事館が公式イベントとして認定し、「秋祭」の冠の下、さまざまな分野で80を超えるイベントが予定されており、香港政府から香港特別行政区設立 20 周年記念イベントとしても認定されている。

 冒頭のあいさつで松田邦紀大使兼総領事は香港と日本の強力な関係を強調し、「昨年も142のイベントが開催され成功に終わった日本秋祭を今年も継続していきたい。ぜひ皆さんに楽しんでもらいたい」と話した。香港ではフランスが、イベント週間である「法国五月芸術/Le French May」を25年以上も続け、5月になれば香港各地でもフランス関連の催しものが多数開催され、にぎわうなど習慣化している。「日本秋祭 in 香港」も浸透する日本文化をより印象付けるものとしての役割が期待されている。

 ハイライトイベントとして紹介されたイベントの中で、今年は会見会場となったランカイフォンも一つの重要なエリアとなっており、会見にもランカイフォン協会会長のアラン・ジーマン(Allan Zeman)主席が登場した。酒がかなり浸透したともいえる香港市場に現在、日本のアルコール類の中で「焼酎」も積極的に売り込んでいることもあり、乾杯には鹿児島の4蔵元から提供させたスパークリング焼酎を採用した。アラン?ジーマン首席も松田大使も大島紬を身にまとい、11月11日・12日にランカイフォンで開催予定の「ランカイフォンカーニバル」への意気込みを示す。

 ゲストには日本から歌手のAIさんも登場。AIさんは現在、和と洋をテーマにした2部構成のアルバムをひっさげ全国ツアー中だが、香港公演「『和と洋』LINVE IN HONG KONG」は現在展開中の全国ツアーとは少しスタイルを変え、11月25日に、九龍湾で初公演を行う。AIさんは今回、香港に来ることも初めてで、前日に香港内を回り、飲茶体験など感じた印象のほか、香港公演への意気込みを語った。

 ほかにもコンサートとして、「ゴスペラーズLIVE in Hong Kong 2017」(9月30日)を皮切りに、香港で人気の高い「w-inds」(11月11日)や、香港初公演となる藤木直人さん、「安全地帯35 周年ツアーライブin香港」(12月9日)も予定されている。

 昨年も多くの香港人が浴衣姿で楽しんだPMQで開催する「縁日」は10月13日にスタートし、これまでより開催期間を長くし、2週にわたり8日間開催する。ほかにも「世界クラシック映画回顧展」では、今年のテーマを黒澤作品の中から「仁と義」をテーマにし、1940年~1980年に監督を務めた12作品を18の劇場で上映する。

 イベントの詳細は特設サイトで確認することができる。

グローバルフォトニュース