香港の馬鞍山南部に大型ショッピングモール「We Go Mall」開業

香港で新たに開業した郊外のショッピングモール

香港で新たに開業した郊外のショッピングモール

  •  
  •  

 新界の北東部にある馬鞍山(Ma On Shan)地区、MTR馬鞍山駅1つ手前にある恒安駅のそばに5月12日、ショッピングモール「We Go Mall」(16, Po Tai Street, Ma On Shan, New Territories, Hong Kong TEL 2679 0218)がソフトオープンした。

 建設したのは不動産デベロッパーの百利保集団(Paliburg Holdings)と、そのグループ企業でホテルを経営している富豪酒店集団(Regal Hotels International Holdings)。この地域は新興住宅地で人口は伸びているが、恒安駅周辺はあまり買い物をする施設がなかったり、レストランも多くなかったりすることから「美食砂漠」と呼ばれるエリアだった。

[広告]

 施設の大きさは6フロア16万平方フィートで、子ども向けのアトラクション設備が充実している点が特徴。中でも「冰極世界(Ice World)」は1100平方フィートのアイスリンク。小規模ながら従来のアイスリンクとは違い、スペインのXtraice社が開発した合成リンクを使用。氷ではなくプラスチック製の合成パネルを2枚組み合わせて作られたもので、製氷の必要がなく、14時間に1度研磨をするだけで十分という新しいタイプリンクだ。料金は1回当たり20分で40香港ドル。5歳以上で身長1メートル以上であることが条件。加えて幼児向けのゴーカート場「極速小車神(Racing Hero)」もあり、1人10分当たり40香港ドルで、ちょっとしたカーレースを体験できる。

 バーチャルリアリティーを実際に体験できる「VR体験館(VR Studio)」はゲーム機能も備え、次世代のゲームも楽しむことができる。「児童天地(Kiddy Land)」はいわゆる公園にある児童遊具の室内版で、鉄製ではなくプラスチック製の滑り台などを備え、「動感地帯(Sports Arena)」としてミニゴルフやバスケットボールをプレーすることができるエリアも併設する。

 テナントについては、レストランとして火鍋「養心殿台式養生鍋」やラーメン「一龍拉麺」など。薬局「萬寧(Mannings) 」、高級スーパーマーケット「Taste」、セブン-イレブン、コスメティクス「MIOGGI」など、ほかのショッピングモールに入っているブランドと同じ店が名を連ねる。地域が新興住宅地ということもあり、学習塾が多く入居しているのも特徴。まだ全てのテナントが埋まっていない状況であるため、今後、時間の経過ともにテナントが決まっていくものと思われる。

 利便性を考え、We Go Mall~恒明街(Hang Ming Street)にある「啓新書院(Renaissance College)」~鞍禄街(On Luk Street)にある「新港城(Sunshine City)」の3カ所を回るシャトルバスも運行する。

 営業時間は7時~23時(施設・店舗によって異なる)。

  • はてなブックマークに追加