食べる 見る・遊ぶ

「ワイン&ダインフェス」10月開催へ 観光客向けに無料チケットも

香港恒例のワインイベントが今年も開催

香港恒例のワインイベントが今年も開催

  •  

 屋外にブースを並べワインをメインに提供する毎年恒例のイベント「ワイン&ダインフェスティバル(Wine & Dine Festival)」が10月25日~28日の4日間、中環(Central)のハーバーフロント・イベントスペースで開催される。香港政府観光局(HKTB)が発表した。

世界各国から出展社も集まる

 今年で節目の10回目となる同イベントは、これまでよりも20%ほど会場を拡張して開催する。今年も約400ものさまざまなブースがあり、昨年の実績では20カ国・地域からのワイナリーが参加し、ワインの愛好家や業界関係者だけでも14万1000人が参加するなど一般人だけではなくプロからも注目を集めるイベントに成長した。米国ワイン評論家ロバート・パーカーさんによる「ロバート・パーカー・ワイン・アドヴォケイト」よって選ばれたパーカーポイント88点以上のワイン並ぶブースのほか、シャンパンやスパークリング・ワインも楽しめる。

[広告]

 ワインだけではなく、地ビールとウイスキー、コーヒーの専用ゾーンがあるほか、日本酒専用のエリアも併設。世界各国・地域ごとのパビリオンもあり、ここではブースを構えた国・地域ごとの飲食物が楽しめる。「生活良品店(The Concept Store)」というユニークなエリアもあり、各種グラスやライフスタイルを彩る雑貨、土産にも最適なアイテムを販売する。

 メインとミニの2つのステージがイベントを盛り上げ、さまざまなライブミュージックも展開。10月27日19時から行う「テイスティングルーム」は、この日ために用意する特別なテーマメニュー、ソムリエが選んだワインをペアリングしコース料理が楽しめる。今年は、シンガポールの陳健太郎シェフ、タイのビー・サントガン(Bee Satongun)シェフ、台湾の林正青シェフ、上海の陳加紅シェフ、マンダリオエタル香港「Pierre」のピエール・ガニェール(Pierre Gagnaire)シェフらが参加予定で、いずれも「ミシュラン」の星を獲得している腕利きの料理人たちがイベントに花を添える。

 チケットの入場料は30ドル。販売方法はインターネットによる先行販売で10月3日から「Cityline(購票通)」で販売する前売りと会場窓口になる。100香港ドルの「クラシックワイントークンパスライト」は窓口のみの販売で、クラシックワインブースのみで使えるワイントークン5枚(100ドル相当)とプラスチックグラスが付く。200香港ドルの「クラシックワインパス」は同じくクラシックワインブースのみで使えるトークン8枚(160香港ドル相当)とStolzle製のワイングラスを受け取る。どちらも購入可能。「パーフェクト10パスポート」は800香港ドルのセット。全てのブースで使えるワイントークン20枚(400香港ドル相当)、指定のブースで使えるフードトークン10枚(200香港ドル相当)、グランドワインパビリオンへのアクセス、グランドラウンジへの入場可能で、ウエルカムドリンク1杯も付き、ワイングラスはLucaris製となる。ワインのテイスティングは1杯あたり40ミリリットル。

 HKTBでは10回目を記念して観光客が事前登録をすると入場料が無料となる「Special Pass」(先着順300人)と呼ぶ入場券を配布する。これにはワイントークン4枚(80香港ドル相当)、フードのトークン2枚(40香港ドル相当)、Stolzle製のワイングラスが付く。

 開催時間は、25日=19時30時~23時30分、26日・27日=12時~23時30分、最終日の28日=12時~22時。