買う

香港太古駅にスーパー「FRESH」2号店 販売員数増やし活気ある店内に

威勢の良い声で客の足をとめる店員たち

威勢の良い声で客の足をとめる店員たち

  • 62

  •  

 昨年新ブランドとしてオープンしたスーパーマーケット「FRESH」の2号店(M/F, Kornhill Plaza North, Taikoo)が1月30日、太古駅直結のモール「康怡廣場北座」に開業した。

餃子も店頭で包む新鮮なものを販売

 太古エリアには、1987年から店舗を構えるJUSCO(現AEON)のほか、APITAが入居する太古城中心(CITYPLAZA)があるなど香港島東のショッピングエリア。徒歩15分程度の一次商圏で約3万世帯、8万人程度、三次商圏まで入れると20万世帯、60万人程度を見込むことができるエリアで、元々日本人も多く住んでいる住宅街。太古坊や太古城センターなどのビジネスエリアとしての側面もあり、近年は緑化スペースなどにも真剣に取り組むなどしている。

[広告]

 同店はモールのグランドフロアから1階上の2万スクエアフィートのワンフロアに「香港式フレッシュマーケット」を展開。ローカルからグローバルまで幅広い食材をそろえ、魚介類、大豆製品、卵、米、ワインなど28のテーマゾーンを設けた。卵も、それぞれの卵を割った状態の見本を置き、黄身の色や大きさも確認できるよう工夫する。昨年8月に開業した1号店同様、加工する様子も全てライブ感覚で見せ、活気を生み出す演出を施す。支払いは、セルフレジ10台以上を並べるほか、各ゾーンでも精算できるようにシステムを構築する一方、売り場にはより多くの店員を配置し、威勢の良い声も飛び交うようにする。

 ショーケースから飛び出すような勢いの海鮮類は全部で100種類以上。アワビやロブスターをはじめ、蒸し魚まで「キッチンカウンター」で30種類以上の調理方法から選んでオーダーすることもでき、15分~20分程度で調理してもらうことも可能。

 イカやエビ、魚をミンチにして作る無添加の練り物を量り売りするコーナー「魚滋味」や、白菜やニラのギョーザを店頭で包んで販売する「餃子皇」、麺に載せる具や八角、丁香などのアジアのスパイスを利かせたザーサイなども量り売りで販売する。豆腐ゾーン「豆本坊」には大豆製品を並べ、地元で作られた新鮮な豆腐をその場で希望の大きさにカットして販売。日本の納豆などもそろえるほか、横にはベジタリアン用の商品を、地元産だけでなく日本・韓国製品なども並べた。

「金獅鵝滷水專門店」では、潮州で30年以上の経験を持つ技で、潮州料理で知られるしょうゆベースと中華スパイスのたれで漬け込み、多彩なスパイスとスロークックでガチョウ1羽の各部位を調理して並べる。コロナ禍で自宅での料理をする機会も増えた背景もあり、ケーキなどの菓子類を自宅で作れるクッキング用品や材料などをそろえた「二德惠DIY●焙專門店」や焼きたてのパンやエッグタルトなどを販売する「樂高餅店」も設ける。

 営業時間は8時~23時。

 ●=火へんに共