食べる

「ミシュラン・ガイド」香港・マカオ版刊行 3ツ星レストラン6店舗に

8版目の発行となった香港

8版目の発行となった香港

  •  
  •  

 11月5日、香港で8版目となる「ミシュランガイド香港・マカオ版(米芝蓮指南香港澳門)2016」が刊行された。

 今回、香港で三ツ星を獲得したレストランは、「Bo Innovation」「L'Atelier de Joel Robuchon」「1/8 Otto e Mezzo-Bombana」「龍景軒」「すし志塊」の5店をはじめ、新たに尖沙咀(Tsim Sha Tsui)の北京道(Peking Road)にあるホテル「ザ・ランガム」内にある中華料理店「T'ang Court」が加わった。「T'ang Court」は昨年の二ツ星から1つ上げての三ツ星となる。

[広告]

 二ツ星は昨年と同じ14店。新しく加わったのは、アワビ料理で知られる中華レストラン「富臨飯店(Forum)」、広東料理の「明閣(Ming Court)」の2店。両店共1つ星からの昇格。ほかには、フォーシーズンズ内にあるフレンチレストラン「Caprice」、リッツカールトンの「天空龍吟」、ランドマークマンダリンオリエンタルの「Amber」、シャングリラの「香宮」「夏宮」、マンダリンオリエンタルの「Pierre」などが名を連ねた。

 1ツ星は昨年より4店舗多い41軒が獲得した。新しく選ばれた6店は、「利苑酒家(觀塘)(Lei Garden、Kwun Tong)」、「北京樓(中環)(Peking Garden、Central)」など香港で複数店舗を持つ有名店のほか、湾仔にある四川料理店「杏(Qi)」、フレンチレストラン「Serge et le Phoque」、日本人シェフ・佐藤秀明さんが手掛けるフレンチと日本料理の店「旅(Ta Vie)」、中環にある地中海、西洋料理の「On Dining Kitchen & Lounge」。 

 「旅(Ta Vie)」は以前、中環(Central)のブティックホテルThe Pottinger内に赤外線グリルを使ったステーキを提供する「ホリタン」の後に入った。佐藤さんは今回2ツ星を獲得したリッツカールトンの「天空龍吟」で働いていたが、今年5月に天空龍吟のレストラングループと佐藤さんのプロジェクトとして新店をオープンさせた。

 全体的には、料理・サービスなどすべての面において高い水準が要求される高級ホテルに入っている料理店が受賞する結果となった。一方、香港で「小食」と呼ばれる軽食店「佳佳甜品」「強記」「千色車仔麺」など23店も香港の食文化として別ページで紹介されている。

  • はてなブックマークに追加

食べる