尖沙咀シティスーパーに菓子食材店「富澤商店」-オンラインショップも

パン作りの材料から器材までを取りそろえるワンストップショップ

パン作りの材料から器材までを取りそろえるワンストップショップ

  • 0

  •  

 1919(大正8)年に東京で創業したお菓子材料・製パン材料を扱う食材専門店「富澤商店」が6月6日、尖沙咀シティスーパー内にコーナー展開の新店をオープンした。

「富澤商店」四代目の社長富澤淳さん

 販売面積20平方メートルの小さなスペースには、製パン、製菓材料や食材、調理器具に至るまで約500点の商品が所狭ましと並んでいる。 海藻から作られたゼリーの素「寒天ゼリーの素」(65香港ドル)や徳島産の和三盆糖(76香港ドル)など、日本国内で人気を呼ぶ商品をはじめ、パンやお菓子の生地に練り込んで焼くと溶ける「つぶジャム」(48香港ドル)や北海道産の小麦粉など、パン作り向けの材料を主力商品として販売。「日本市場とは違い、香港ではパンとケーキを作りが流行(はや)っているので、商品のセレクトも変えてみた」と4代目社長の富澤淳さん。

[広告]

 現在、上海をはじめ、成都、アモイなど中国に30店舗以上を展開する「富澤商店」。中国大陸に進出してから香港に店を開くのは、まれに見るパターンだ。「東南アジア、そしてヨーロッパを目指しているから香港に拠点を置く」とし、「シティスーパーには多くの外国人のお客さんが訪れるので、集客も見込める」と出店経緯を説明する。

 年内にもオンラインショップを開始予定。オンラインショップでは、店舗より100種類多く販売する予定で、日本語、英語、中国語で展開するという。「まだ香港で知られていない商品がたくさんあるので、お客さまに食べていただければきっとその良さも分かるはず」と富澤さん。また、外食文化が根付いている香港市場に向け、10月ごろに新商品としてベーキングキットを発売する予定。「材料が全部そろっているセットがあれば、普段忙しい生活の中でも手作りの楽しさが体験できる」と香港市場への抱負を語る。

 店内では毎日実演を行い、パンの焼き方をはじめ、普段香港ではなじみのない食材や和菓子の作り方を紹介する。

 営業時間は日曜~木曜と祝日は10時~22時。金曜、土曜、祝前日は10時~22時30分。実演は日によって異なるが、土曜は15時から。