見る・遊ぶ 買う

「アジア・ポップミュージックフェス」今年も GACKTさんも来港へ

香港の会場に登場するGACKTさん

香港の会場に登場するGACKTさん

  •  
  •  

 IPPI香港グループ(香港レコード協会)は3月22日20時から、湾仔(Wan Chai)の会議展覧中心(HKCEC)で「アジア・ポップミュージックフェスティバル 2019」を開催する。

 同フェスは香港政府が支援し2011年から毎年開催しており、今年で9回目。テーマは「亜洲音楽多一点(Music in One Asia)」で今年は日本、香港、中国、韓国、マレーシア、シンガポール、タイ、台湾、ベトナムの9カ国・地域の各音楽団体の協力を得て行う。アジアの音楽文化の拡大やアジア音楽の普遍的な世界の魅力を知ってもらおうという狙いがある。

[広告]

 フェスは大きく分けて、各国・地域の人気歌手によるパフォーマンスと新人アーティスト9組が参加し最優秀賞に当たる「スーパーノヴァ賞」を目指すパフォーマンスの2つから成る。日本からは昨年、中島美嘉さんが参加したが、今年はGACKTさんが参加。韓国は日本人のユウタさんもメンバーに名を連ね、昨年日本でもデビューしたアイドルグループの「NCT127」、香港は実力派歌手の張敬軒(Hins Cheung)さん、中国からは「丁正光(Dean Ting)」の4組が参加する。スーパーノヴァ賞を目指すのは、日本は海外ロックフェスへの出演など内外問わず活躍が目覚ましい西沢幸奏さん、香港からは「Nowhere Boys」、中国は劉莉旻さん、台湾は「鼓鼓 呂思緯」、韓国は「Stella Jang」、シンガポールは「Jermaine Leong」、マレーシアは「Maria Effendi」、タイは「The Rube」、ベトナムは「Orange」だ。

 スーバーノヴァ賞のほかにも「ベスト・ボーカル・パフォーマンス賞」「ベスト・ステージ・パフォーマンス賞」という2つの賞も同時に発表する。賞の現場にいる観客がスマートフォンで投票する「トップ・ビューワーズ・チョイス」も設ける。

 主催者側では、香港のIDを持っている人を対象にフェスの無料観賞チケットを抽選で配布(1650枚。ペアチケットのため825組分)している。希望者は2月27日23時59分までに自分のIDナンバーを含めた必要事項を記入し申し込む。

 フェス開催に先立ち3月21日、同じHKCECでビジネスフォーラム「香港亞洲流行音樂節」商貿論壇 2019(Hong Kong Asian-Pop Music Festival 2019-Business Forum)」も開催。テーマは「大湾区(Greater Bay Area)」で、香港、広東省を中心とした人口6900万人という巨大市場でのビジネスについて、テレビ関係者、音楽配信などの関係者によるパネルディスカッションなどが行われる。

  • はてなブックマークに追加