見る・遊ぶ

香港初、バットマン80周年記念イベント 12万香港ドルの限定品や握手会も

拡大されたコミックの表紙は各3枚限定で販売

拡大されたコミックの表紙は各3枚限定で販売

  •  
  •  

 1939年に発行された「Detective Comics」27巻でデビューを飾ったバットマンが今年でデビュー80周年を迎え、世界中でイベントやファンの集いなどが催されている中、尖沙咀のモール「The One」でも現在、「Batman’s 80th Anniversary @ The ONE」が開催されている。

「The ONE」内にバットマンが活動するゴッサムシティが登場する

 DCコミックスが生んだスーパーヒーローの中でも一番人気を誇るバットマンはコミックにとどまらず、テレビドラマ、アニメ、映画、ビデオゲームにまで広がりを見せるほどの人気を博した。アクションヒーローというだけでなく、世代を超えて正義の象徴となっているバットマンは、日中は大富豪の実業家でフィランソロピストのブルース・ウェインとして生活を営み、夜には悪と戦う騎士となる。他のスーパーヒーローのように特殊能力を持たないバットマンは、代わりにその秀でた頭脳、正義に対する強固な意志と巨大な富を駆使して悪に立ち向かい、特殊能力が無くても正義を貫くことができることを示して見せる。

[広告]

 今回のイベントではアジア初公開を含む原寸大のバットマンフィギュア7体を展示する。香港出身の世界的なアーティスト、Keo.W(ケオ・ダブリュー)さんが制作したもので、バットマンがホームグラウンドとするゴッサムシティを再現しているほか、名シーンが原寸大で目の前に繰り広げられ、バットマンが80年の間に着用してきたコスチューム(通称=バットスーツ)の進化を垣間見ることができる。

 L3に設けられたポップアップ・ストアでは、まるでタイム・スリップしたかのような体験ができる。バットマンがデビューを飾った「Detective Comics」27巻をはじめ、バットマンがカバーのコミックの表紙となった過去の表紙をセレクトし、現代のスクリーン印刷技術を使い再現。これらを拡大したレプリカカバー各3枚を限定で印刷し、12万香港ドルで販売している。オリジナルのコミックは現在、数千万香港ドルと査定されているため、それと比較するとファンにとってはまだ手の届く価格設定といえる。このほか、同店で販売する約100点に上るバットマン関連グッズはバスケットボールやチェスなど香港初上陸品が多く含まれる。

今回初めて香港でオフィシャルのバットマンが指定日に3回、ファンとの握手と撮影会のために登場する。参加には「The ONE」のアプリをダウンロードし、メンバー登録が必要。

9月22日まで。

  • はてなブックマークに追加