見る・遊ぶ

香港MOSTownで花がテーマの体験型デジタルアート展 葛飾北斎の代表作も

360度映像が展開され、葛飾北斎の「冨嶽三十六景」を最新テクノロジーで鑑賞できる「360° Around Mt. Fuji: Naked meets Hokusai

360度映像が展開され、葛飾北斎の「冨嶽三十六景」を最新テクノロジーで鑑賞できる「360° Around Mt. Fuji: Naked meets Hokusai

  •  
  •  

 映像やインスタレーション、プロジェクション・マッピングなどを駆使する人気イベント「フラワーズ・バイ・ネイキッド(FLOWERS BY NAKED)」の海外初展示「フラワーズ・ピーセス(FLOWERS PIECES)」が7月20日、馬鞍山駅近くのショッピング・モール「MOSTown」アトリウムで開幕した。

展示で最初に目にする「BIG BOOK」

 展示を手掛けるのは村松亮太郎さん率いるクリエーティブ企業「ネイキッド(NAKED)」で、企画、演出、制作を手掛けた。「フラワーズ・バイ・ネイキッド」は花をモチーフにした五感で楽しむ体験型デジタルアート展で、2016年の初開催以来、東京、京都、名古屋、沖縄で開催されてきた。日本橋では毎年春に開催されており、日本一早い花見として話題になっている。「フラワーズ・バイ・ネイキッド」をはじめ、ネイキッドが手掛けたイベントは通算300万人以上を動員しており、アート愛好家に加え、「インスタ映えする」として写真愛好家やインスタグラマーらの人気も集めている。

[広告]

 香港展では「フラワーズ・ピーセス(FLOWERS PIECES)」と題し、「フラワーズ・バイ・ネイキッド」から人気のインスタレーション8点を公開している。注目を集めるのは高さ2.4メートル、幅3.5メートルの巨大な本のインスタレーション「BIG BOOK」。プロジェクション・マッピングの技術によって、まるでそよ風に吹かれてゆっくりとページがめくられているかのように次々と「フラワーズ・バイ・ネイキッド」の作品が紹介され、映像が進むに連れページがめくられるスピードが速くなり、観客は花の世界に引き込まれていく。プロジェクションに加え、約1000本に上る生花も空間内に展示し、花の香りと共に楽しめるようにしている。「360°Around Mt. Fuji: Naked meets Hokusai」は浮世絵師、葛飾北斎の代表作「冨嶽三十六景」を、最新テクノロジーを駆使して再解釈したもの。移りゆく富士の季節を360度の映像で体験できるようにする。

 展示開催中は、一般公開の個人インスタグラムのアカウントにハッシュタグ (#MOSTownCanonHK #Mostown #CanonHK #EOSM50 #Flowerspieces)を付けて展示写真をアップロードすれば、全員が写真印刷サービスを無料で受けることができるほか、キヤノンのデジタル一眼「EOS M50」のセットやクーポンが当たる写真コンテストにエントリーすることができる。

 開催時間は11時~21時。入場無料。9月1日まで。

  • はてなブックマークに追加