食べる

香港ifcの人気スパニッシュにテラス席 ハッピーアワーにおつまみサービスも

ビクトリアハーバーが目の前に広がるテラス席

ビクトリアハーバーが目の前に広がるテラス席

  •  
  •  

 中環ifcのスパニッシュレストラン「La Rambla by Catalunya」(3071-73 level 3, ifc mall, Central, Hong Kong TEL 2661 1161)が9月6日、4200平方フィートの広さを誇る人気の屋外テラスの改装工事を終えてテラス席の営業を再開した。同時に、新しいハッピーアワーメニューを発表し、目の前に広がるビクトリアハーバーの景色を楽しみながら、広々としたスペースでハッピーアワーが楽しめる新スポットが生まれ変わった。

新しく加わったカクテルメニュー

 2017年末にオープンした「La Rambla by Catalunya」は同店オープンまでの5年間、「Catalunya」として湾仔のひっそりとした区画で営業しながら人気のモダン・スパニッシュとして数々の賞を受賞した。ifcへの移転とともに店名を刷新し、スペイン・カタルーニャ地方の伝統的タパスやメインと共にモダンスペイン料理を提供する店としてメニューも半分を新しくしてオープンした。エグゼクティブ・シェフのフェラン・タデオさんは世界的に有名なシェフ、フェラン・アドリアさんの「世界一予約が取れないレストラン」として知られていたスペインの「エル・ブリ」などで約10年間修業を積み、香港に移動する直前は米ワシントンDCのセレブ・シェフ、ホセ・アンドレさんによるミシュラン2つ星店「ミニバー」でエグゼクティブ・シェフを務めた。スペインと日本を中心に、世界から新鮮でシェフの目にかなった食材を取り寄せ、タパスとして、ガルシアから取り寄せる90~120日熟成したステーキ、パエリアなどもメニューに並ぶ。

[広告]

 テラス席リニューアルオープンに伴い、タデオ・シェフが新しいスナックメニューを考案。トマト・ブレッドで作ったスペイン風のサンドイッチ「Montaditos」をハッピーアワー利用客に無料で提供するほか、白アンチョビ、チョリソーとサルチチョン、スパニッシュオムレツ、ソーセージ、チーズなどの新しいサンドイッチメニューも登場。イベリコハムとオリーブオイルのバゲット「Bocadillo de Jamon」(90香港ドル)や和牛を使ったスペインの串焼き「Wagyu Beef Brochetas」(180香港ドル)はハッピーアワー限定のメニューとして提供する。このほか、以前からメニューに並ぶ人気の「ベロータ・ハモン・イベリコ」(360香港ドル)やスペインのバルでは定番のおつまみでフライドポテトにアリオリソースとトマトソースをかけた「Patatas Bravas」(120香港ドル)なども引き続き提供する。

 新しいカクテルもメニューに加えた。テキーラをベースにジンジャービールを加え、酸味とフローラルな味わいを楽しめる「La Cetrale」、スパイス、バーボン、シトラスで作った「Lion’s Tail」、シトラス、蜂蜜、カシスと、旬のベリー類から成るフルーティーな「Sherry Cobbler」、ラズベリー、ジュニパーなどの香りを楽しめるジンにシェリーを少し加えた「Clover Club」(各120香港ドル)など。ハッピーアワーでは、グラスワイン=65香港ドル~、ビール=65香港ドル~、サングリアのピッチャー=450香港ドル~と通常より格安で提供。サングリアをピッチャーで注文した客には、イベリコハムとオリーブの盛り合わせをサービスする。

 営業時間は、ランチ=月曜~金曜11時~15時、アフタヌーンティー=15時~18時、ハッピーアワー=15時~20時、ディナー=日曜~木曜18時~22時30分(金曜・土曜は23時まで)、ブランチ=日曜12時~15時

  • はてなブックマークに追加