H.I.S.香港、来店型店舗に移転リニューアル-「台北3日間990香港ドル」目玉に

グランドフロアと1階には飲食店も入居する複合ビル

グランドフロアと1階には飲食店も入居する複合ビル

  •  
  •  

 大手旅行会社「H.I.S.(エイチ・アイ・エス)」香港支店が9月24日、尖沙咀のオフィスビルからオフィスと商業の複合ビル「The Cameron」(102,1F,The Cameron,No33 Cameron Road,TST)に移転し、来店型店舗としてリニューアルした。

 海外に155拠点を備える同社が香港に支店を構えたのは28年前の1985年。海外支店としては初の場所が香港だった。現在は航空券・パッケージツアー・法人の出張手・ホテル手配などを扱い、日本からの観光客、香港在住の日本人はもちろん、最近では香港人向けにも販売実績を伸ばしている。同ビル内に2フロアを設け、1階では香港発の商品を扱い、香港内のツアーやレストランの予約など、日本からの旅行客の対応については5階のオフィスで受け付ける。

[広告]

 1階部分に構えたガラス張りの店舗は天井も高く開放感ある造りで、壁には多数の香港発のリーフレットを並べる。移転を機に同社で「トラベルワンダーランド」と呼ぶ、より専門性の高い商品について相談などができる形態をとり、これまでより来店型のサービス提供を意識した。同形態は、バンコク、ジャカルタ、ホーチミンに続き世界で4番目の拠点としてスタートし、香港初の試みとして「温泉専門デスク」を置いたのも特徴の一つ。香港人の間でも徐々に人気が高まっている温泉について、「温泉ソムリエ」がパッケージツアーや日本各地の温泉宿を紹介する。

 オープニングの目玉は台北3日間のフリープラン(990香港ドル)。28日9時から来店のみで受け付けを始める。先着10人。出発日に制限はあるものの、プーケットやバンコク3日間が1,990香港ドルのプランや、来年1月出発で2,290香港ドルのプランなど、オープンを記念してさまざまな特価商品も用意している。

 28日・29日の2日間は江戸ワンダーランド(日光江戸村)から忍者とくのいちがパフォーマンスを披露するために来港し、1日2回(12時~と15時30分~)ショーを披露する。各回終了後は、同施設のキャラクター「ニャンまげ」と撮影もできる。

 営業時間は、月曜~金曜=9時30分~18時、土曜=9時~15時(28日は18時まで)。日曜・祝日定休。29日は臨時営業。

  • はてなブックマークに追加