買う

ドンキで「福島物産祭in香港-職人驕傲用心之作」 県単位での大型物産展は震災後初

初日は桃ジュースの売れ行きが好調

初日は桃ジュースの売れ行きが好調

  • 46

  •  

 香港・●灣西駅直結のショッピングモール「OP Mall」内にあるDon Don Donki海之戀本店(100 Tai Ho Road SHOP 2001-2005, 2010-2017, 2056-2097, 2/F, Tsuen Wan)で2月23日、福島県の物産展「福島物産祭 in 香港-職人驕傲用心之作」がスタートした。物産店名は元々、同県が掲げるスローガン「ふくしまプライド」の中に宿る福島スピリッツを表現したもので、24種28品の商品を会期を分け2会場で実施する。

 香港では現在、福島県産品の輸入に関して、野菜、果物、牛乳、乳飲料、粉乳以外については放射性物質検査証明があれば輸入できる。香港側でも検査をするなどの水際対策も講じている。震災前、香港は福島県産品の輸出の約8割を占め、重要な市場であり、観光についても新型コロナが拡大する前は、香港から福島への渡航者が少しずつ戻る動きも見えつつあった。

[広告]

 2019年1月の知事のトップセールスをはじめ、震災後から業界団体や現地メディアと対話を重ね、輸入規制の撤廃に向けた交渉を続けてきた。輸入規制は残るものの県の主力産品である米をはじめ、桃のジュースなどの加工品も販売できるようになり、実際に「おいしさ」を体験した香港人から応援の声も多く届いている。

 今回店頭で販売する中でも県が力を入れて取り組むものの一つが同県のブランド米「天のつぶ」。開発に15年の歳月をかけたこの米は、「炊きあがりがふっくらとして粒が大きい」のが特徴。2キロと300グラムのパッケージを店頭に並べた。米単品の販売に加え、香港の人がより手に取りやすい形として「肉ゴロッとおにぎり」も販売している。同商品は、日本国内のコンテスト「お弁当・お惣菜大賞2019」おにぎり部門で1位に輝いたもので、県産ブランド鶏「伊達鶏」をふんだんに使った炊き込みご飯のおにぎり。ほかにも、「ソースかつ丼」など香港人に人気のメニューにも「天のつぶ」を使うなどして、オリジナル弁当を作って販売するほか、果実100%桃のジュース「桃の恵み」(16.80香港ドル)などの加工品を中心に販売する。

 ほかにも桃などのドライフルーツ各種(50香港ドル)、蜂蜜やメープルシロップの代用品としても使える「完熟もも蜜」「完熟りんご蜜」(108香港ドル)、ライスパウダーとコラーゲンを練り込んだこんにゃく麺で作る「こんにゃくトマトパスタ」「こんにゃくカレーうどん」(以上48香港ドル)、福島の郷土料理「いか人参」を再現したご飯の素(42.8香港ドル)、「えごまと大葉の昆布ふりかけ」「梅とひじきの昆布ふりかけ」(以上48香港ドル)も商品棚に並べた。

 店頭ブースでは、200香港ドル以上の福島県産品購入客に先着で「天のつぶ」(300グラム)または赤べこマスクを進呈するほか、福島県の農産物の魅力を伝える動画やパネルを展示するなど、「ふくしまの今」をアピールする。

 海之戀店は28日まで。銅鑼灣パールシティ店は3月1日~7日。開催時間は14時~22時(海之恋店は28日のみ19時まで)。

 ●=草かんむりに全。