天気予報

30

26

みん経トピックス

香港にJA全農が事務所設立日本とフレンチ香港でコラボ

香港で16の歴史的建造物が無料開放 「インスタ映え」スポットも

香港で16の歴史的建造物が無料開放 「インスタ映え」スポットも

無料開放をしている香港の歴史的建造物

写真を拡大 地図を拡大

 歴史的建造物を整備・保存し、その価値を周知する役割を担う香港政府の發展局文物保育專員執事處(Heritage's Office, Development Bureau)は6月1日から、16の歴史的建造物について無料開放する「古蹟周遊樂(Heritage Fiesta)2018」を開催している。

 同イベントは2015年に初開催し好評を博した企画で、香港にある数多くある歴史的建造物について年ごとに開放する建物を変えながら、期間中は無料で入場できるようにしてきた。今年も香港の歴史を知る上で重要な役割を果たした16の歴史的建造物を無料開放し、香港の歴史をより大勢の人知ってもらおうという試みだ。多くの施設は現在もオフィスなどさまざまな用途で使われており、普段は入れない所も少なくない。

 今年開放されるのは、舊英軍醫院附屬建築物(Annex Block, Old British Military Hospital。第1級)、舊域多利軍營蒙高瑪利樓(Montgomery Block, Old Victoria Barracks。第1級)、香港中華基督教青年會中央會所(Central Building, Chinese YMCA of Hong Kong。第1級)、舊病理學院(Old Pathological Institute・法定古蹟)、香港紅卍字會大樓(Hong Kong Red Swastika Society Building。第2級)、香港防癆心臟及胸病協會總部大樓(Hong Kong Tuberculosis, Chest and Heart Diseases Association Headquarters。第3級)、前政務司官邸(Island House。法定古跡)、北区理民府(District Office North。法定古跡)、東華醫院主樓(Main Block, Tung Wah Hospital。第1級)、文武廟(Man Mo Temple Compound。法定古跡)、保良局中座大樓(Po Leung Kuk Main Building。第2級)、寶血醫院(明愛)(Precious Blood Hospital (Caritas)。第3級)、舊沙田警署(Former Sha Tin Police Station。第2級)、東華義莊(Tung Wah Coffin Home。第1級)、東華東院(Tung Wah Eastern Hospital。第2級)、馬場先難友紀念碑(Race Course Fire Memorial。法定古跡)。

 いずれの建物も、規模の差はあれ外観や内装のデザインが荘厳な造りとなっており、それだけでも歴史を十分に感じさせるものになっている。例えば、「北区理民府」はレンガ造りだがレンガのコンディションも良く、入り口などはアーチ状にデザインされており「インスタ映え」するような場所でもある。

 現役として施設が使われているが、期間中はほぼどこかの建物でガイドツアーが行われる。一例として、1918年2月26日、●馬地馬場(Happy Valley Race Course)で大火が発生して大勢の人が死亡した出来事を追悼するために造られた馬場先難友紀念碑を巡るツアーは6月10日・24日、7月15日の3回、いずれも14時から2時間かけて行う。定員は30人で先着順。

 ●=足へんに包

 営業時間やツアーの時間は異なるため確認が必要。7月31日まで。

グローバルフォトニュース