3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

尖沙咀東のホテル・アイコンで期間限定アフタヌーンティー 東京ミルクチーズ工場とコラボ

東京ミルクチーズ工場の主力製品が勢ぞろい

東京ミルクチーズ工場の主力製品が勢ぞろい

  • 51

  •  

 尖沙咀東のホテル・アイコンのカフェ「GREEN」(G/F, Hotel ICON, 17 Science Museum Road, Tsim Sha Tsui East, Kowloon, Hong Kong TEL:3400 1300)で1月にスタートした東京ミルクチーズ工場とのコラボアフタヌーンティーが3月31日まで延長されることになった。

ティラミスは今回のアフタヌーンティーの限定品

 ミルクとチーズを日本と世界から集め作り上げた焼き菓子を販売する「東京ミルクチーズ工場」。愛らしい牛のロゴが描かれたパッケージを空港でも販売。土産用のクッキーを販売するほか、一部店舗には工房を併設し、焼きたてのミルクパイや濃厚なソフトクリームも販売している。今回のコラボアフタヌーンティーでは同社の主力商品が香港で味わえる。

[広告]

 アフタヌーンティーメニューに含まれるのは定番のクロテッドクリームとジャムを添えたスコーンに加え、セイボリーは今回のコラボのテーマである「チーズ」と相性の良いものを同ホテルのパティシエが作り上げた。クリスピーに揚げたチーズとトマトのディップ、照り焼きチキントースト、ローストしたうなぎのトースト、カレー風味のハッシュブラウン、カニ肉の入ったエッグカスタード。メインとなるスイーツ類は「ソルト&カマンベール」「蜂蜜&ゴルゴンゾーラ」などのユニークな組み合わせが人気の東京ミルクチーズ工場のクッキーの盛り合わせと、フランス産のクリームチーズと北海道牛乳を使ったミルクチーズケーキ、サクサクのカマンベールチーズのクッキー生地にたっぷりと北海道産のマスカルポーネチーズ、カマンベールチーズ、生クリームとクリームチーズのブレンドを詰めたミルクパイ。これら同社の人気商品に加え、限定のティラミスケーキが登場。コーヒーシロップに漬けたふかふかのココアスポンジに、北海道産のマスカルポーネチーズとフランス産のクリームチーズを挟み、同社のミルクチーズケーキ同様にクレープ生地で包んだ。ミルクとお米のスイーツ、ライスプディングもマンゴーを添えて香港らしく提供する。

 アフタヌーンティーの仕上げには2種のクリームチーズと北海道産ゴーダチーズを使った東京ミクルチーズ工場の濃厚な「チーズ」ソフトクリームと、ホテル・アイコンの自家製ソフトクリーム「Yuen Yueng」が食べ放題となっている。ドリンクは自家製レモネード、illyコーヒー、またはTWGの紅茶セレクションから選べる。

 アフタヌーンティーは2回の入れ替え制で15時~17時、17時~19時。価格は、1人用=328香港ドル、2人用=598香港ドル。

Stay at Home