食べる

人気バーガーチェーン「FIVE GUYS」、香港の住宅街にも出店開始

毎日フレッシュなバーガーとポテトを提供する同店

毎日フレッシュなバーガーとポテトを提供する同店

  • 154

  •  

 2018年に香港上陸を果たしたアメリカのバーガーチェーン「FIVE GUYS」が湾仔、中環、尖沙咀などの繁華街に続き、4店舗目となる炮台山店(G/F-1/F, Harbour East, 218 Electric Rd, Hong Kong)を6月末にオープンし、初の住宅街エリア出店となった。

バーガーのトッピングを選べるだけでなく、ミルクシェークも11種類を好みで組み合わせることが可能

 電気道沿いのオフィスビル「Harbour East」に4660平方フィートの大型店をオープンした「FIVE GUYS」は、アイコニックな赤と白の内装で知られるアメリカ東部を代表するバーガーチェーン。1986年に米バージニア州で家族経営のバーガー店として創業した同店は英語で「五人の男たち」を意味し、一家の大黒柱であるジェリーさんと大学に進学するよりもビジネスを立ち上げることを選んだ4人の息子たちを指している。30年以上を経て、今では世界に1500店以上を展開するバーガーチェーンへと成長した。

[広告]

 バーガーチェーンはファストフードの代表格で、セントラルキッチンなどから冷凍したバンズやパテ、ポテトフライを仕入れる店が多い中、FIVE GUYSのこだわりは、毎日新鮮なバーガーとポテトフライを焼き上げるため、冷凍庫も電子レンジも店内に設置していないこと。バンズは地域のベーカリーから新鮮な焼きたてを仕入れ、パテはビーフ100%のものを手作りし、ジャガイモは毎日カットして水に浸け、でんぷんを取り除きコレステロールゼロの100%ピーナツオイルで揚げている。最大の特徴は、バンズとパテから成る基本のバーガーに自分好みのトッピングを組み合わせてオリジナルを作り上げること。無料の15種類のトッピングには、レタス、トマト、オニオン、ピクルス、グリルオニオン、グリルマッシュルーム、ハラペーニョ、ピーマンなどの具材から、ケチャップ、マスタード、バーベキューソースや大手ソースメーカーのハインツが同店のために作り上げた特製マヨなどのソース類を含み、その組み合わせ方は25万通りに上るという。バーガーのほか、BLT、グリルチーズ、ベジサンドとバンズ無しのバーガーボールを提供。ドリンクで人気のボリューム感のあるミルクシェークもコーヒーや塩キャラメル、ピーナツバターからベーコンなど一風変わったフレーバーを何種類でも無料でミックスでき、さまざまなフレーバーを楽しめる仕組みになっている。

 営業時間は11時~22時30分。