見る・遊ぶ

香港の野外フェス「Clockenflap」先行発売 日本から「BABYMETAL」「CHAI」が出演

高層ビル群を背景に開催される野外音楽フェス写真は2017年開催時(Photo by Lusher Photography)

高層ビル群を背景に開催される野外音楽フェス写真は2017年開催時(Photo by Lusher Photography)

  •  
  •  

 2008年に始まり、今や香港最大の野外音楽フェスとして定着した「Clockenflap」が8月8日、今年の出演アーティストの第1弾発表を行ったと同時にチケットを先行発売した。日本からは、香港で初めて公演を行う「BABYMETAL」「CHAI」の出演が発表された。

今回初めて香港公演を行う「BABYMETAL」

 世界の野外音楽フェスと言えば、イギリスの農場で行われる「グラストンベリー・フェス」やアメリカの砂漠地帯で開催される「コーチェラ・フェス」、日本の苗場スキー場が会場の「フジロック・フェス」などが有名だが、いずれも広大な空間を必要とするため地方や遠隔地での開催となっている。「Clockenflap」は今年も例年通り、中環(Central)の海浜活動空間(Harbourfront Event Space)を会場に行うためアクセスも良く、都心のど真ん中で高層ビル群を背景に開催する。香港外の野外音楽フェスファンにもアクセスが簡単な珍しい音楽フェスとして知られている。

[広告]

 12回目となる今年は11月22日~24日の3日間の日程で開催。2008年の立ち上げから数年間は、出演者も香港の地元アーティストが大半を占め、西九龍文化区(West Kowloon Cultural District)を会場に小規模で開催されてきたが、年々その規模は拡大。出演者も国際的な有名アーティストが名を連ねるようになったほか、来場者も香港のみならず海外から訪れるフェスへと成長を遂げた。昨年は香港内外から延べ7万人以上の来場者数を記録した。

 2019年の出演アーティスト第1弾として発表したのは、ビルボード・アワード受賞歴のあるアメリカの新生女性シンガー「Halsey」、グラミー賞にノミネートされたイギリスのフォーク・ロックバンド「MUMFORD & SONS」、マイアミのラップスター「LIL PUMP」、台湾の個性派シンガー「Crowd Lu」ら31のアーティスト。日本からは対極的なガールズバンド2組が出演予定。アイドルとメタルを融合した美少女ユニットで、海外での活躍も著しい「BABYMETAL」と、骨太なロックを奏でながら、女性のコンプレックスなどを題材にありのままの姿を肯定する個性派バンド「CHAI」。両バンドとも23日に出演予定となっている。

 割引価格の先行発売チケットは8月21日までオフィシャルサイトで販売。一般の3日間通し券=1,390香港ドル、金曜1日券=820香港ドル、土曜・日曜の1日券=890香港ドル。一般チケット1枚に付き12歳未満の子ども2人まで無料入場可。今後、随時出演アーティストを発表する。

  • はてなブックマークに追加