3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

坂本龍一さん、春に香港で公演へ 高谷史郎さんとコラボ「dis・play」

香港での公演開催が決まった坂本龍一さん

香港での公演開催が決まった坂本龍一さん

  •  
  •  

 作曲家の坂本龍一さんとアーティストの高屋史郎さんによる音楽と映像のパフォーマンス「dis・play」が4月3日、4日、西九文化区(West Kowloon Cultural District / WKCD)にある藝術公園自由空間大盒(The Box, Freespace, Art Park)で開催される。

 坂本さんは日本の作曲家、音楽家、プロデューサーで、香港でも人気がある。「教授」の愛称で呼ばれイエローマジック・オーケストラ(YMO)を結成したり、映画「ラストエンペラー」で作曲賞を受賞したりするなど世界的知名度も高い。高屋さんは京都市立芸術大学美術学部環境デザインを専攻。同大在学中の1984年からアーティストグループ「ダムタイプ」の活動に参加し、いろいろなメディアを用いたパフォーマンスやインスタレーション作品の制作に携わってきた。これまでも、日本のみならず世界の劇場や美術館などで公演や展示を行っている。

[広告]

 2017年、坂本さんはオリジナルアルバム「async」を発売したが、それと連動する形で高谷さんと組み、音楽を組み合わせたインスタレーション「坂本龍一 with 高谷史郎|設置音楽2 IS YOUR TIME」をワタリウム美術館(東京都渋谷区)で行っている。今回の「dis・play」は、asyncやその他の要素を加えた新作で、シンフォニー・オブ・ライツではないが、楽器、そこから出る音、それに同調するライト、映像などを多彩な要素を巧みに組み合わせて、人生の浮き沈み、栄光や弱さについて表現するという。

 開演は、3日=20時、4日=15時と18時。時間は約70分間で、途中休憩はない。チケットは1月13日10時、WKCDの公式サイトで発売する。価格は1,480香港ドルと1,180香港ドルの2種類で、1回の購入につき最大2枚まで販売。会場となる大盒(The Box)は席数は450席、スタンディングでも900人収容と会場としては大きくはないことから、チケットの争奪戦も予想される。

 公演に先立ち4月1日・2日、マレーシア人映画監督で、台湾で活動する蔡明亮(Ming-liang Tsai)さんが手掛ける台湾映画「●的臉(YOUR FACE)」の無料上映会をコンサートと同じ会場で行うほか、2日には映画上映終了後に主催者による座談会を予定。同作品で坂本さんが音楽を担当し2019年の台湾のアカデミー賞である「金馬奨」で坂本さんがオリジナルの映画音楽賞でノミネートされていることから、今回のイベントに合わせて上映することになった。上映会と座談会は参加無料だが先着順で、こちらもWKCDの公式サイトで必要事項を登録する必要がある。

 ●=にんべんに尓。

Stay at Home