食べる

香港ピークにイタリア料理店「FIAMMA」 自家製生パスタなど家庭的なイタリアンを

パスタもたっぷり量がありとりわけも可能

パスタもたっぷり量がありとりわけも可能

  • 25

  •  

 香港の観光名所山頂のピークギャラリア(Shop G02, Peak Galleria, 118 Peak Road, Hong Kong TEL 2657 0800)に10月9日、イタリア料理「FIAMMA」がオープンした。FIAMMAはイタリア語で「炎」を意味する言葉。イタリアの伝統的な料理をカジュアルに楽しむことをめざした店だ。

青色のタイルなども使いながら、明るい印象に仕上げた店内

 入り口には、ガラスのテークアウト用ショーケースを設置し、店内で作られた甘くて香ばしい焼き菓子を並べる。店内は、ロイヤルブルー、オーク材、ビンテージ風のタイル、ペンダント型の天井照明器具などで、地中海沿岸のイメージで装飾した。収容人数は110人。オープンキッチンを備えたメインダイニングルームと屋外パティオがあり、「お客さまを家庭のキッチンに招いているような雰囲気」に仕上げたと言い、家族や友達同士など、さまざまなシチュエーションに応じて使い分けることができる。

[広告]

 同店を監修するのは、ミシュランの星を獲得したシェフ、エンリコ・バルトリーニ(Enrico Bartolini)さん。イタリアの高級料理と革新的な調理技術を得意とするバルトリーニさんは29歳の若さで初のミシュランの星を獲得するなど、イタリアで最も才能ある若手シェフの一人として高い評価を得ている。2014年・2015年にゲストシェフとして香港に渡り、世界有数のダイニング・シティーに可能性を感じ、2016年、セントラルの中心部に「SPIGA」をオープンした。現場ではイタリア人シェフ、パオロ・オリビェイリ(Paolo Olivieri )さんの下、料理を提供するが、オリビェイリさんは2019年に香港に移り、バルトリーニさん初出店となる「SPIGA」のキッチンを率いている。

 「SPIGA」と比較するとカジュアルな同店では、焼きたてパンから自家製パスタまで、シェアして食べることができるボリューム感のある料理がメニューに並び、ベジタリアン向けのメニューも充実させた。

 前菜は、ブッラータチーズとタッジャスカオリーブ、アイルーロムトマト、バジルクランブルを添えたカラフルな一品(148香港ドル)やパルミジャーノ・レッジャーノのフォンデュとうずらの卵黄と削った黒トリュフをトッピングしたピエモンテ牛のタルタル(188香港ドル)など。

 豚肉と牛肉の伝統的なトルテッリーニ(218香港ドル)は、パルミジャーノ・レッジャーノのチーズを添えた生パスタ。濃厚なソースとよく合う平打ちパスタ「タリオリーニ」(298香港ドル)には、2種類のからすみと日本産ウニをトッピングした。オマールエビのビスクで調理し、イカ、ムール貝、シチリア産赤エビを丸ごと、帆立貝、サンピアを添えたリゾット米アクエレッロを使う。新鮮なイタリア原産のフレッシュチーズ「ブッラータ」とトマトソースを使ったスパイシーなイタリアのサラミ「ンドゥイヤ」、水牛モッツァレラ、ロケット、パルミジャーノ・レッジャーノ、18カ月熟成のパルマ産生ハムを使ったイタリアンピザなども用意。

 地中海風のカクテル メニューや豊富なイタリアワインもそろえる。ワイルドベリーのコンポートを添えたパンナコッタやソフトな南イタリアで作られるチーズ「リコッタ」を挟んだシチリア名菓のカンノーリ(各88香港ドル)には、ダークチョコレート、ピスタチオ、オレンジの砂糖漬けをまぶして提供するなど、デザートメニューも充実させた。

 ピークという場所柄を生かし、土曜・日曜と祝日は8時~11時、アラカルト形式で朝食も提供する。

 営業時間は11時~22時(週末・祝日は8時~22時30分)