見る・遊ぶ

「香港サイクロソン」10月開催へ プロの自転車レース「ハンマーシリーズ」の最終戦も

ハンマーシリーズにも組み込まれ、世界の注目も集める香港サイクロソン

ハンマーシリーズにも組み込まれ、世界の注目も集める香港サイクロソン

  •  

 香港政府観光局(HKTB)は自転車レース「第4回香港サイクロソン」を10月14日に開催すると発表した。同大会はアマチュアからプロまで幅広い人が参加できる自転車レースだが、今年は香港が革新的な自転車レース「ハンマーシリーズ」の一つに組み込まれた。

 プロの自転車レースとしては、これまでは距離の短い周回コースを回って順位を競う形態のレース「クリテウム」が開催されてきた。自転車レースでは最高峰とされる「ツール・ド・フランス」を中心とした「グランツール」がヨーロッパで人気が高いが、今回はハンマーシリーズに組み込まれたため、より世界から注目が集まる。

[広告]

 チームを組んで走るため団体競技的色合いが強く見えるが、実際はそのチームのエースを勝たせるため、チームメイトのサポートまたは犠牲によって他のチームのエースと戦いを繰り広げる。ハンマーレースが革新的といわれるのは、プロサイクリングチームの「チーム戦」であることで、昨年はオランダのみで開催されたが成功を収め、2018年からはノルウェー、オランダ、香港の3カ所で開催されるシリーズに拡大し、最終戦に当たる香港でチャンピオンが決定する。

 香港では、14時スタートの「スプリント」と15時半スタートの「チェイス」の2つの競技が行われる。コースは、尖沙咀東(East Tsim Sha Tsui)の梳士巴利道(Salisbury Road)をスタート・ゴール地点として、尖沙咀(Tsim Sha Tsui)のシェラトンホテルに向かい、そこで折り返し、尖沙東のホテルが集中するエリアを通過して黄埔(Whampoa)方面に向かう。そこで再び折り返してゴール地点に戻って来る1周4.3キロのコース。

 スプリントはこれを10周するレースで、チーム所属の7人のうち5人が出場する。周回ごとスタート・ゴール地点を通過したトップ10人にポイントが与えられ(トップ通過者は100点、2位通過者は81点と徐々にポイントが下がり10位は15点。11位以下は無得点。トップ10のうち自チームのメンバーが1位と10位にスタート・ゴール地点を通過すればその周回は115点もらえる。3周目、6周目、10周目はポイントが2倍になる)、最終的にチームが獲得したポイントを集計する。

 チェイスはスプリントと同じコースを5周し、出場人数は5人。最初にスプリントで獲得ポイントが多いチームがスタート。2番目以下は20秒ずつ遅れてスタートする。最終的にはチームで5人の中で4番目にゴールラインを通過した選手で最終順位を争う。あるチームメイトの一人が断トツでゴールラインを通過しても優勝とはならないためチームとしての総合力が問われ、過去2戦のポイントを加算して総合優勝が香港で決まることになった。

 参戦チームは、ポイントトップのミッチェルトン・スコット、2位のクイックステップ・フロアーズ、ツール・ド・フランスを4度制したクリストファー・フルームが所属するチームスカイなどが予定されている。

 一般参加の部は、「50キロライド」「30キロライド」「キッズ&ユース・ライド/ファミリーファン・ライド」と、これまでと比べて大きな変更はない。今回はハンマーレースが行われることから、HKTBでは梳士巴利道南側にあるプロムナードをベストの観戦ポイントとして薦めている。